カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

タイルってそもそも何ですか?

タイルとは?

タイルというのは、英語ではtileと書き、その語源はラテン語のテグラ tegulaで、物を覆うという意味です。
タイルは、この語源のとおり、建物の壁や床を覆う陶磁器製の
建築材料のことを指します。

タイルの定義

粘土またはその他の無機質原料を形成し 要求される品質特性が得られるように 高温で焼成された、

厚さが40mm未満の板状の不燃材料で、主に壁や床の装飾や保護のための仕上げ材料として用いられる。

湿式押し出し成形またはプレス成形によるものと、うわぐすりを施した施ゆうタイルと施さない無ゆうタイルとがある。

陶磁器質タイルの定義
2008改正JIS A5209による

タイルの4つの用途

1. 内装タイル

2. 外装タイル

3. 床タイル

4. モザイクタイル
(一枚の表面積が50㎠以下で通常、台紙貼りされているもの)

一般的に日本のタイルは、外装タイルやモザイクタイルの種類が多く、

海外のタイルは、床タイルや内装壁タイルの種類が多い。

タイルの見分け方3つのポイント

1.うわぐすりの有無による区分


1)施ゆうタイル Glazed tile

(うわぐすりのかかっているタイル)

2)無ゆうタイル Unglazed tile

(うわぐすりのかかっていないタイル)

施釉タイルは、釉薬に含まれる顔料により表面の色をつくります。 無釉タイルは粘土自体に含まれる鉄分などの呈色によるもの(土もの)と、白地の素地に顔料を添加配合して着色するもの(練り込み)があります。 近年は技術の進歩により、両者の中間のようなものもあります。

2.作り方による区分(成型方法の違い)

1)湿式成形タイル Pressed  プレス成型


2)乾式成形タイル extruded 押し出し成型

湿式成形とは、含水率の高い素地原料を押出成形機によって板状に押し出し、所定の形状・寸法に切断して成形する方法です。

乾式成形とは、微粉砕された含水率の低い素地原料を、高圧プレス成形機で所定の形状・寸法に成形する方法です。

3.吸水率による区分

JIS A 5209(1994)による区分 JIS A 5209(2008)による区分

磁器質 1.0%以下  →          1)砧燹 3%以下
せっ器質 5.0%以下 →          2)粁燹10.0%以下
陶器質 22.0%以下 →           3)稽燹50.0%以下

(磁器) 素地は透明性があり、緻密で硬く、打てば金属製の清音を発する。破砕面は貝殻状を呈する。

(せっ(А亡錙法ーТ錣里茲Δ米明性はないが、焼き締まっていて吸水性が小さい。

土物タイルはこの区分に入る。

(陶器) 素地は多孔質で吸水性が大きく、叩くと濁音を発する。

基本的には、吸水率が低いほど磁器の性質を現すことから、かつては、吸水率だけで分類されていましたが、最近の新製品では、技術発達もあり、吸水が高くても磁器の性質をもつものや、低くても陶器のような性質をもつものがあり、かならずしも吸水率だけで、磁器、陶器、せっ(А亡錣犯獣任垢襪海箸脇颪靴なり、そもそも、吸水率で敷居値を設けて、単純に磁器、陶器、せっ(А亡錣閥菠未垢襪里楼磴Δ箸いθ獣任發△蝓△修譴蕕飽貔を設けた形となっています。

磁器質、せっ(А亡鐚舛脇癲Τ袷、床全てに使われますが、陶器質は内装に使われます。 ただし、用途は使用部位、形状、重量などの要因によっても、向き不向きがありますので、メーカーに確認する必要があります。

なお、2008年のJIS改正により測定方法が自然吸水から強制吸水へ変更されたため、磁器質、せっ器質などの呼び名から砧燹銑稽爐箸いΩ討嗅召吠僂錣蠅泙靴拭

ページトップへ