カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

外装床タイルの張り方

「外装床タイルの張り方」

床タイル施工の場合、下地の精度(どれだけ平面か)が仕上がりに大きく影響します。

また、下地表面の汚れなどは、接着性能を下げる事に繋がる為、施工前に完全に除去する事が必要です。

☆用意するもの セメント系下地の場合☆

・セメント用接着剤 (例:プレミックスモルタル)

・タイル目地材

・金コテ (接着剤を塗る時に使用します。)

・ゴムコテ      (目地を詰める時に使用します。)

・ブラシ        (下地清掃時にしようします。)

・スポンジ      (タイル仕上げ時の清掃に使用します。)

☆施工手順☆

1.下地の確認・清掃

下地面の浮きや汚れを確認し、タイルを張る下地にゴミやホコリが無い様清掃します。

2.下地に吸水調整剤を施工面全体に、ムラなく馴染ませます。

(NSハイフレックス HF-1000の五倍希釈など)

3.タイル張り接着剤 

タイル張り用の接着剤(プレミックスモルタル)が下地に食いつくようにする為、プレミックスモルタルの下こすりを行います。

プレミックスモルタルを再度、重ね塗りします。

15分〜20分程度でタイルを張れる面積を目安に、張り代を2〜3mm厚程度に塗り付け、空隙が出来ない様に、表面が平滑になるように整えます。

4.タイルを張ります。

接着剤を塗った後は、タイルを綺麗に張ります。

事前の割付や水糸をはって施工する事をお薦めします。

5.養生

目地入れを行うまでに、半日〜1日程度養生をして下さい。

養生期間が足りないと、目地入れをする際にタイルが動いてしまい、仕上がりに影響します。

6.目地材を練り混ぜて、目地を入れ備えます。

正しい分量で練り混ぜる事が大切です。

7..目地詰め

接着剤が乾いている事(タイルが動かない)を確認し、目地を詰めます。

目地材をゴムコテに取り、タイルとタイルの間にしっかりと詰めていきます。

奥までしっかりと目地材が詰まっていないと、目地割れの原因になります。

目地幅が広い場合は、目地コテを使い、目地押さえをお薦めします。

9.目地材を拭取ります。

目地がある程度乾いてきたら、固く絞ったタオルやスポンジで余分な目地材を拭取っていきます。

目地材が綺麗にとれたら、完成です!

☆外床タイル おススメ商品☆

↑↑お値打ちなアウトレット 外床タイルのページです。

ページトップへ